モチベーション,動機付け,

動機付けとモチベーション記事一覧

動機付けがモチベーションを高めるために重要

モチベーションを高めるために重要となるのが動機付けです。動機付けはモチベーションと言い換えることもできます。つまり、「動機付け=モチベーション」なのです。何度も行動を反復したり同じことを繰り返したりすることができるのも、どれだけ強い動機付けがあるかです。人は自分の持つ目標や夢に向かって努力し続けるの...

≫続きを読む

達成動機づけはモチベーションを飛躍的に高める

達成動機づけはモチベーションを最高に高めるのに効果的です。達成動機づけとは、「自らの目標を達成するために行動すること」です。要するに自分で目標を決め、目標達成に向けて行動するのは物凄くモチベーションを上げる要因になるのです。別記事で「内発的動機づけがモチベーションを高める」と語りましたが、達成動機づ...

≫続きを読む

マズローの欲求5段階説を学んでモチベーションを高めよう!

マズローの欲求5段階説をご存知でしょうか?アメリカの心理学者であるアブラハム・マズローが生み出したのが「マズローの欲求5段階説」です。実はモチベーションには種類が存在し、高い欲求であればあるほど高いモチベーションが保てるというのがマズローの述べる意見です。出典 http://www.motivati...

≫続きを読む

動機づけを行う意味はあるのか?

動機づけとは、目的意識をはっきりさせてそれを維持して行動する過程を指します。要するに「行動する目的をしっかり定めて、それを継続しろ!」というのが動機づけになります。動機づけはモチベーションを上げるためにとても重要なのですね。そもそも動機がしっかりしていなかったらモチベーションを保つのは不可能です。な...

≫続きを読む

インセンティブは弱いモチベーションに該当する

インセンティブは弱いモチベーションです。強いモチベーションか弱いモチベーションかを一発で判断したければ、その動機が外発的動機か内発的動機かを調べれば良いのです。要するに自分がやりたくてやっていることは「内発的動機」で強いモチベーションだと判断することができますが、報酬目当てで働いている人は外発的動機...

≫続きを読む

内発的動機付けはモチベーションを強く保つために重要

モチベーションを維持したければ内発的動機付けを意識してください。内発的動機付けとは、金銭や名誉などの外敵報酬にこだわらない動機付けのことを言います。内発的動機付けは心の満足感を得ることを目的としており、モチベーションを維持するのに大変強いものとなります。内発的動機付けがしっかり根付いている人は質の高...

≫続きを読む

自己決定理論はモチベーションを高めるために重要

自己決定理論とは、簡単に説明すると「自分のやりたいことをやったときに一番能力が発揮できる」ということです。自己決定理論の本質は「自発的な行動だと高いモチベーションを保てる」というものです。要するに行動をするときは自発的に動かなければ意味がないのです。他人から強制されてもモチベーションは上がらないのが...

≫続きを読む

セルフモチベーションを上手く行うために

セルフモチベーションとは、自分の力でモチベーションを高めるスキルのことを言います。正直言ってモチベーションは自分で高めなければダメです。自己啓発本を読んで一時的にモチベーションが高まっても「すぐにモチベーションが落ちる」ということがよくあるからです。モチベーションを上げたければセルフモチベーションを...

≫続きを読む

内発的モチベーションはやる気を高めるのにとても重要

モチベーションにも様々な種類があります。給料が増えたり上司に褒められたりすると「やったー!」と思いますが、これは外発的モチベーションになります。実は外発的モチベーションはモチベーション維持の観点から見ると非常に弱く、報酬や他人の褒め言葉だとあまりモチベーションが維持できないのです。例えば月に100万...

≫続きを読む

ドーパミンを出してモチベーションを高める方法とは?

モチベーションを上げたければモチベーション理論を学ぶのが有効ですが、ドーパミンを出すという観点も無視することはできません。ドーパミンって脳内のやる気物質なんですよ。このドーパミンはモチベーション理論と深く関係しています。私は「お客様に価値を与えるために仕事をする」という内発的動機で動いているのでブラ...

≫続きを読む

モチベーションを上げたいならムクナ豆!

ラーニングアップは販売中止になりました。

かわりにドーパミンを増やすのに役立つムクナ豆をご紹介させていただきます。

ムクナ豆はLドーパという成分が含まれており、ラーニングアップにも使われていました。

ドーパミンを増やすのに非常に適しています。